飼っているペットを病気から守る【肝臓病に罹らないための方法とは】

動物の内臓病

猫

罹りやすい種類とは

私達は生きていると、様々な内臓の病気に罹ってしまいます。その中でも肝臓病は症状が出にくく、病気が進行してから症状が出てくるので、沈黙の臓器などと呼ばれているほど注意が必要な病気なのです。実はこれは人間だけでなく、飼っているペットも同じであり、犬や猫、またうさぎやフェレットなど、様々な動物が肝臓病になってしまいます。また犬の中では、ヨークシャーテリアやマルチーズ、シーズなどの犬種は特に門脈シャントという腎臓病に罹りやすいと言われています。これらの犬種を飼っている方は、日頃から注意が必要です。肝臓病になると食欲不振や嘔吐、下痢や体重減少、水分を欲しがりおしっこの回数が増えるなど、様々な症状が出てきます。いつもと何か違う、と感じたらすぐに医師に相談しましょう。ペットは体調が悪くても、自分で訴える事ができないため、飼い主の方は変化を見逃さないように注意が必要なのです。ペットが肝臓病になる原因は、細菌やウイルス、毒物や先天性などと言われていますが、人間同様、毎日の食事が大きく関わっています。そのため栄養のバランスとカロリーを考えて、食事を与えてあげましょう。肝臓病になってしまった場合には、医師に食事について相談すると、適した食事療法をアドバイスしてくれます。大切なペットの健康や命を守るのは、飼い主の方の重要な仕事です。動物も同じように病気になる事を、常日頃から考え、食事や運動、そしてストレスに気を付けるようにしましょう。

ペットの火葬葬儀の業者

大阪には、ペット葬儀会社の組合が作られています。組合員の会社であれば、基準の範囲内で火葬や埋葬のサービスが受けられます。悪徳業者から被害を被る心配も無くなります。自分のペットが亡くなって、葬儀を委託する時は、組合の業者であるかを確かめることで、事故は防げます。

小型犬特有の病と症状

トイプードルのかかりやすい病を知っておく事で、早めに対処でき重症化を防げます。病を完全に予防する事は難しいですが、早期発見は飼い主しかできません。早めに病院に連れていく事が挙げられ大切です。そうならない最大限の予防も同じく大切です。

意外に多い抜け毛に注意

柴犬は抜け毛が多いダブルコートという毛質です。春から夏にかけての換毛期には特に抜け毛が多くなるので、きちんとブラッシングしてやりましょう。子犬のうちから行うのが大事です。