飼っているペットを病気から守る【肝臓病に罹らないための方法とは】

ペットの火葬葬儀の業者

犬

組合員になっているか

大阪は昔から人情の町と言われています。その心意気は、ペットを大切にする気持にも表れています。自分が飼っていたペットが亡くなると、殆どの人は自分に家の庭に埋葬すると言います。しかし、その大阪でも、ペット葬儀の実情は絶え間なく変化しています。庭がない家でペットを飼う人も増え、自分の犬や猫が亡くなった時は、ペット葬儀の専門業者に委託する人も増えています。ペット専門の火葬業者や葬儀専門会社等、様々なサービスを行う会社が多くなっています。それらの業者は、これまで殆どが無届で起業できました。そして、中には法外な料金を徴収する悪徳業者まで現れて、一つの社会問題にもなりました。ペットの死を悼む間もなく、悪徳業者から被害を被る事例が多発したのです。そこで、大阪では、ペット葬儀会社の組合を作ることになりました。ペット葬儀会社を選定する際には、組合の会員かどうかが判断材料になります。組合に加盟している会社であれば、基準の範囲内で火葬や埋葬のサービスを受けられます。違反があれば、組合が間に入って解決を図ってくれるので、利用する方としても安心です。ペットの葬儀を委託する時も、家族の立場に立ってくれる会社を選べるようになったからです。この組合があることで、悪徳業者も減りつつあります。大阪府でも、ペット葬儀の会社を立ち上げる場合の届け出を義務付けるようになりました。このような動きは、大阪以外にも広がりつつあります。